あかし

 今年なってからか、今までで一番幸せを感じている今日この頃です、家族はみな健康ですし、毎日がとても充実しているなぁ、と実感しています。
 となりの人とかすれちがった人に、人生を楽しんでますかぁ、なんて声をかけたくなるくらいです。

 生活の方は、お店を昨年から祭日も休んで、売上減少。
  お客様はお年寄りが多くて、この6年間で、うちに来てくれる人で16人死亡、入院したり救急車で運ばれたりで、結婚以来最低の収入です。将来の不安も心配も大いにあります。
 しかしなぜかすごく幸せなんです。まわりの人に分けてあげたいくらいです。
 震災について。
 有名な人が何億円、何千万円と多額な義援金を送り、被災地に行って炊きだし、歌ではげましたり、皆さんに元気を与えていました。わたしは時間的にも経済的にもわずかしか出来ていないのですが、テレビを見るたび人知れずくやしいな、悲しいな、恋しいなと、一緒になって、泣くことばかりでした。
 日本中で、世界中で数え切れない人が、何度涙を流したでしょう。被災された方が夜、皆さんに知られず何度涙を流されたことでしょう。
 この想いこそが、神さまを通して、被災した人たちの心に届いて、復興が始まると信じています。(M.K.)

               (ある日の週報より)