ある日の週報より

                           2011.12.7

 ある日、夕飯を食べながらNHKの番組を見ていました。お金持ちの中国人の旅行団が、旧正月前後日本へ旅行に来て、日本各地を観光し、買い物などをしていました。
 特別の場面ですが、ある60歳ぐらいの女性は銀座の店で「これこれこれ・・」一気に十数万円化粧品を買っていました・・・
 この番組を見てから、突然 華麗な洋服、高級な化粧品など贅沢な生活を羨ましくて、ほしくなりました。 次女が生まれた後、育児や家事に追われて、自分の事を全て後廻し、化粧は殆どしないまま一年を送りました。地味だなぁと思った瞬間、気持ちも暗くなりました。
 次の日、偶然か神様の戒めか、劇的な事が起こった。私の顔が湿疹で猿みたい真っ赤になった、痒くて腫れたのです。
「命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切だ」(マタイ6:25)のように、“元気な肌は化粧よりも大切だ”
 皮膚科に行きたいですが、もし1歳の娘が待合室で風邪をもらったら、もっと大変、行くか行かないか悩んでいました。
 元気な事は空気の存在みたい、当たり前なことだと思ってしまいますが、病気になったら「神様の恵みだ」と改めて分かりました。
 育児休業中の一年、私の体はとても元気です。14年前、長女が生まれた後より元気です。赤ちゃんも風邪を引かずに元気に成長してくれました。
 この一年日本の経済が低迷、私の会社は赤字で、同僚がたくさんリストラされた、幸いに私は育児休業中なので雇用保険から育児手当てをもらえます。また、必要な赤ちゃん用品は、殆ど買わずに友達からたくさんもらいました。(ベービーカーは二台ももらった!)
 湿疹が出た日の午後、私は腫れた顔を触りながら、このように一つ一つ神様の恵みを数えて、感謝して、賛美していました。
 夕方 病院に行かずに 湿疹が治りました。                      (W. L.)

 

 

深川教会のクリスマスの集いは次の通りです。
    どうぞおいでください。


 
 ☆待降節 礼拝  11月27日 12月4日 11日  18日   
           午前10:30~11:30 


 ☆クリスマス礼拝 12月25日(日) 午前10:30~11:30
         *子どもと大人といっしょに礼拝します。
          説教「光は闇の中で輝いている」  (板垣牧師)
           *主の晩餐・愛餐(祝会)があります 


 クリスマス祝会   (礼拝に引き続いて) 11:30~13:00 
               *一緒に食事をしながら楽しく過ごします。
        どなたでも参加できます。

            
 ☆クリスマス燭火礼拝

12月24日(土) 午後7:00~8:00  

                   *ローソクの火をみつめながらクリスマス
           キャロルをうたい、メッセージを聞きます。

 

  日本キリスト教団 深 川 教 会 
     〒135-0042 江東区木場6-5-19    電03-3645-1438