この世の規範

 「自閉症とは何か」小澤 勲著を読んだ。

自閉症は規範があるから、困り感が認識されるのであって、もし規範がなければ、自閉とはならないという。

周囲の空気を読んで合わせ、常にそれに合わせて行動するのが、ある意味でこの世の規範だろう。それに合わせることができないから、自閉症者は生きにくい。

 

私たちキリスト者も、この世の規範から逃れることができない。だからといって、盲目的に迎合することはできない。たとえ、生きにくいとしても。