オスプレイ配備に思う

   沖縄に配備されるオスプレイ。米国の対中国戦略の一環であることは分かっていても、賛成できない。戦後67年間も米国の世界戦略の犠牲になってきた沖縄。その沖縄に暮らす人と共に本土の人間は泣いてきたのか?泣くものと共に泣くことができて初めて、共に喜びをもって収穫できることができるのだ。
沖縄の現実は、これとまったく反している。同じ日本の国民なのに。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    たけし (水曜日, 28 11月 2012 14:31)

    尖閣諸島・沖縄を中国は虎視眈々と狙っている。米軍を沖縄から追い出したい。左翼や中国系がオスプレイを口実に危険だと煽っている。フィリピンがいい例だ。米軍を追い出したら西沙諸島を実行支配された。ベトナム戦争時代のポンコツヘリのほうがよっぽど危険だ。マスコミの報道を鵜呑みにせず、危険な国、中韓について考えてほしい。主イエスの御名によってお祈りします。アーメン